格安SIMの保証ってどうなっているの?

格安SIMは大手携帯会社と比較して、料金が半分以下と大変お得になっています。
ですが安いと保証はどうなっているの?と不安に思う人もいるでしょう。
なので格安SIMの保証について紹介していきます。

大手携帯会社の保証は継続されない

例えばあなたがソフトバンクと契約していて、iPhoneを所有していたとしましょう。
この場合、ソフトバンクの契約している間は、故障した場合に保証が適用されます。
ですが、ソフトバンクを解約して、そのままのスマホで格安SIMに乗換えた場合、保証は継続されません。

そして保証がない状態で、故障したiPhoneを修理に出したら、数万円と非常に高い修理代が発生します。
では格安SIMに乗換えてから、iPhoneが故障してしまった場合、どうすればいいのかというと、「モバイルセーフティサービス」を利用する事です。

「モバイルセーフティサービス」に加入して、毎月一定の金額を保険料として支払っておけば、iPhoneが故障して修理が必要になった場合に、お見舞金をもらう事が出来ます。
「モバイルセーフティサービス」は、ネットで誰でも加入する事がかのうです。

ただし修理不可のiPhoneについては、契約プランに応じて、新しい端末の購入金が見舞金の代わりとなります。

故障したら修理よりも買い換えた方が安い?

iPhoneは高性能な端末機器のため、本体価格が高く、修理代も高額になりがちです。
そのため保証が適用されない状態だと大変なので、「モバイルセーフティサービス」に加入する事をオススメします。

しかしながら、例えば大手携帯会社から、格安SIMに乗換える場合に、端末を新しく買い替えるのも1つの方法です。
格安SIMの場合、端末もリーズナブルな商品が多数販売されています。
そのため、毎月保険料を支払い続けて、万が一の故障に備えるよりも、保険料を支払う代わりにお金を貯めておいて、端末が故障したら新しく買い替えるのも1つの方法です。

端末はどんどん新しい性能が加わり、古いモノを修理するよりも、安くて高性能な新しいモノに買い替える方が合理的だと言えるでしょう。なので端末を購入する際に、保証に加入するか、故障したら新しく買い替えるのか、先に決めておくようにして下さい。

関連記事